ELM の風
都会でも実践できる
★グレートスピリットのあるくらし★
心地よい風をお届けします

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
癒しフェア 東京 09:58
 8/6 終戦記念日 (←誤記:第二次世界大戦 広島への原爆投下がなされた日) 東京ビックサイトで開催されていた 癒しフェアに行ってきました。

来場目的だった
【聖なる予言】 【アルケミスト】 など 数多くのニューエイジ書の翻訳家  山川絋矢・亜紀子夫妻 の講演と
1973年から日本に来日して新しい見解を与え続けている ユリ・ゲラー氏の講演を
なんと 一列目の素晴らしい席で拝聴できました。
ユリ・ゲラー氏は スプーン曲げで一躍有名になった超能力をあやつる人
私も子供の頃テレビでユリ・ゲラーのスプーン曲げをみて 家でスプーンを曲げてみたりしました。
講演中も いとも簡単にスプーンをぐにゃぐにゃにして ぽっきり折ってしまい・・・
そして ブロッコリーの種をとりだすと
皆でGrow(育て!)と念じましょうといい。三回ほど念じたら・・・・・・
本当に種から 根っこが2センチほどぐぃぃいいっと伸びて 一瞬にして育ちました。
これは 森田健さんの著書 でも読んだことがあって 完全に信頼していたわけではないですが、実際に目にしてみるとマジックか超能力かなんだかよくわからなくても、 面白い なぁって素直に思います。

それで
ユリゲラーの手の中に在った ブロッコリーの種を 3粒偶然にも手にした 拾ったので、早速プランターに植えて見ました。
子供のようにワクワクさせてくれる存在 それがユリ・ゲラーだなぁと思います。
ワクワクすること 信じること 楽しむこと 
これからの生きる道には絶対必要な要素ですね。



聖なる予言 この本は本当にオススメです。
翻訳家 山川絋矢さんも講演で話されておりましたが、本にはエネルギーがこめられていて その本を本でいるだけでも人生に変化をもたらすと仰っておりました。
エネルギーが込められていて 読んでいるだけで変化をもたらす本に 私も数冊出会いましたが これはその中の1冊に値します。

| 読みかた(本) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ELM - -
バース プラン 19:00
 結婚相手が見つかるまえからずっと・・・いつか子を産むチャンスがあるなら 自然な出産をしたかった。
自然な出産とは 西洋医療行為をなるべく介入せず 赤ちゃんの降りてくる時間をひたすら待つ。
産む力と生まれる力 そして地球の呼吸と惑星の引力と宇宙に介入するすべての力が合わさった出産をしたい。


昨年 8月に愛知県でイベント 【真実の愛に学ぶ】 を開催し
助産師 中村尚子さんが 命を産み出す壮大なプロジェクト をプレゼンしてくれました。
今年4月の結婚式の2次パーティでも 皆の前で自然な出産についてお話してくれた尚子さん。
どうもありがとう・・。

それでそれで
今まで周りの人に伝えてきたお産と女性のテーマ。
もちろん実体験でも経験して お産を通じてもっと成長したいと思い、出産は助産師さんを自宅に呼んで自宅出産をするつもりでおります。

続きを読む >>
| 読みかた(本) | comments(4) | trackbacks(0) | posted by ELM - -
私は赤ちゃん 22:11
 先日、幼馴染がこの本『私は赤ちゃん』をもって遊びに来てくれました。
赤ちゃん目線で 大人の不思議な毎日をエッセイ風に書いてあって、私たちの滑稽な生活ぶりを感じられる本です。

| 読みかた(本) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ELM - -
地球のレッスン 15:24
北山耕平さんの文章が好きです。
私はヨガをしているけども
インドよりもネイティブアメリカンの暮らしに心惹かれます。
自然に身をゆだねた生き方をしている人々から教えられます。



あなたは地球で、地球はあなた

人は自らの肉体を
尊敬をもって扱わなくてはならない。
地球についても同じことがいえるだろう。
あまりにも多くの人たちが
地球を痛めつけることが
自分を痛めつけることだということを知らなさすぎるし
自分を傷つけることが
地球を傷つけることだと自覚していない

ローリング・サンダー、チェロキー一族 メディスンマンの言葉
北山 耕平 著  地球のレッスン より
| 読みかた(本) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by ELM - -
傷つくならば、それは『愛』ではない 22:29
ヒーラーという肩書きのせいか 人の悩みをきくことがとても多いです。
ヒーラーはカウンセラーではないので 悩みを聞いてあげる仕事ではないのですが
みんな 何かを話したいようです。
頼りにされるのは嬉しいことです。でも私はカウンセリングできません。残念ね

悩みのほとんどが愛の枯渇
恋愛しかり、親との関係しかり、仕事の問題もなにもかもすべて 悩みの根源をさぐると愛の枯渇だとおもいます。


あらゆる歌や映画が語っていることと違い、愛は傷つけません。
傷つくのは望みが満たされないとき、ほしいものが得られないとき、
関係の中で過去の痛みにふれたときです。
愛は何ものも傷つけることはできません。
愛はつながっている感覚であり、よろこびをもたらします。
ただ、あなたがちぢこまったり、背をむけたりしたときにそれは傷となるのです。

■ これまで傷の大きさによって 愛の大きさを測ろうとしていたところを見てみましょう。

多くの人が自分の欲求を愛に見せかけて、それに他の人を反応させようとしてきました。
そういう欲求をもう手放しましょう。

by チャック・スペザーノ 著 『傷つくならば、それは 愛ではない』


皆の悩みを聞く度に 自分の過去を振り返ります。
今 私の目の前に現れてくれた人の持つ悩みは全て 自分を映し出す鏡です。
私も 何かを手に入れるためには犠牲が発生して、何かを我慢する大きさが愛の深さだと勘違いしていた頃があります。
愛は何も犠牲になどしません。努力とは苦しいものでもなく喜びであるはずです。
古い間違った固定観念を手放せば 本当にほしかったものが手に入るかもしれませんヨ。



| 読みかた(本) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ELM - -
虹の戦士 18:08
 
地球が病んで 
動物たちが 姿を
消しはじめるとき 
まさにそのとき 
みんなを救うために 
虹の戦士たちが 
あらわれる

『虹の戦士』 翻訳 北山耕平 



地球の変化が激しくなって『偉大なる浄化の時』が始まってきた
虹の戦士たちは 病んでしまった日本列島を癒し
もう一度地球を美しくするために、なにをすればよいかを理解して、力強い行動をとってゆく。

母なる地球と直接つながる精神 に働きかける1冊
是非手にとってほしいと思う。

評価:
William Willoya,Vinson Brown,北山 耕平
太田出版
¥ 1,470

| 読みかた(本) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ELM - -
聖なる予言 08:50
 聖なる予言
人生で出会う人々は みな聖なる預言者であり
メッセンジャーであると思う。

このところ アメリカに旅する前に頂いた言葉 アメリカへ旅していたときに起こったこと 出会った言葉 の数々においても
帰国して会った人たちとの会話の中からも 
この先の私の未来を予知するような預言が含まれていて、
今朝 その言葉の数々を頭の中で整理しているときに ピタッと何かが合わさり 涙が溢れました。

2年前にNYやカナダモントリオールに滞在したときに出会ったUFOや地球外生物との遭遇を 今回の旅においても楽しみにしていたのですが
そのような出来事は一切起こらず・・・
しかしながら自分の内面の中核で なにか大切な部分が大変革を遂げたように感じます。


帰国して いろんなことがシンプルにクリアに見えるようになりました。
ステージがあがったというのかもしれません。
滞在中に遠隔ヒーリングの依頼も受けて、アメリカから遠隔ヒーリングをさせてもらえたことも 素晴らしい体験の一つになりました。


人から言われたことを
素直に受け止めて
それを預言だと思うこと
そして その預言に忠実に行動すると
道が開けてゆくとおもいます。
開かないと勝手に自分がジャッジしていた重い扉も
開く鍵は 預言者のメッセージにしたがって 鍵を見つけにいくことから。

人生は 本当に ドラクエと似ている。


注) 預言と人の支配(振り回されること)の違いは 自分の心の中に【人を支配する】というプログラムを入れているかどうかにかかると思います。
注2) 預言だとわかりやすいのは 同じ時期に 2人以上から同じ内容のアドバイスを コチラから聞いてもいないのに言われるとき だと私は私の中でプログラムしています
| 読みかた(本) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ELM - -
ウオッシュレット 18:28
 
 もとい・・

Toilet トイレット を観て来ました

かもめ食堂 荻上 直子監督の世界観たっぷりの 可愛い映画ですね
どのシーンをきりとっても 絵画のようです。
すばらしいなぁとおもう映画は どのシーンも完璧に絵になっていて・・・

完璧な絵 完璧な絵 ・・・・・・・・・はっ!!
6/4に行った オザケンのコンサート を思い出す感激さ
(すみません 完全に話は脱線しています)

話はもどって
この映画 映画が映画として 存在するに当たって いい物ですね
おしうりでもなく エンターティメントでもなく
過度でもなく なんでもない
絵画がつらなって つらなって つらなって ストーリーになって映画になっている そんなシンプルさを感じます。

また〜〜りとしていて
かわいくて
おかしくて
音がよくって
おいしそうで・・・・

言葉がすくなくて

言葉なんて 本当は心を表現するのに必要なのだろうか?とおもったりして
真のところは 何にもわかんないんだけど
きっと言葉を交えていても
やっぱり
真のところは 何にもわからなくて ただ 察するところにあるんだなと思ったり
人ってみんな変で
完璧になれなくって
それでも いいんだなと思ったり。

なんともいえませんが
じわ〜〜〜っとぬくい映画でした。
日本があらためて好きになれます。
日本って変でとにかくいとおしい国なんだよね。

トイレットっていう題名の意味は ウオッシュレットの意味でもあるのかもしれないけど
くさいものを綺麗に流すっていうか 昔は汚い場所とされていた吹き溜まりを 価値あるもの(空間)に変えてゆく 日本の美学をさしているのでは??と思います


次は・・
続きを読む >>
| 読みかた(本) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ELM - -
かいじゅうたちのいるところ 21:09
 映画公開まえから気になっていた映画
かいじゅうたちのいるところ
映画公式サイトへの リンク


最近映画の2時間に集中できないというか・・・
仕事プラス仕事の後に 映画だったんで という言い訳があってか(笑)
いつものように多少寝ちゃったんだけど(汗)
映画よかったです〜〜〜
続きを読む >>
| 読みかた(本) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ELM - -
<< | 2/2 |