ELM の風
都会でも実践できる
★グレートスピリットのあるくらし★
心地よい風をお届けします

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
くるっと 回転 10:40
東京は 雪 の天気予報が続きます。
天気予報に  マークが反映されると なんだかウキウキしてしまいます。(雪がふったらふったで、溶けるまで出かけたくないけど・・)


暦では今は冬の土用で 1/20は大寒。
土用は季節の変わる前の18日間のことをいい、季節代わりの変化の多い時期 身体と心をリセットして新しい季節に備えなさいよという日々のことです。
暦を意識してすごしているだけで 自分の体質が判断できたり、どの(季節変わりの)土用に用心しなくてはいけないかがわかってくるようになるのですが(私の場合は秋の土用の過ごし方がキー)、
キーだとはわかっていても、土用の期間はわりと体調がよくて調子に乗りすぎて、過ぎた頃にダウンするパターンが多いです。

春の花粉症をお持ちの方は 冬の土用の過ごし方がキー。
2/3立春までの土用の期間を 春の身体に切り替えてゆくように過ごすと 春の時期を心地よく過ごせるかもしれません。

本題はここから
タイトルの くるっと 回転 


まさしく 回転の 軸になったのは 2012.12.21 冬至

極にちかづけばちかづくほど
ギリギリゴリゴリ・・・・・と目一杯のゴムが唸るように、時のカウントも出来事のカウントも重く深く・・・
日々を過ごすのにやっと・・・といいますが
新しい取り組み事を一切やらないで 
家族のご飯をつくり 掃除して お世話をして 自分の体調を保つ
だけを繰りかえしていました。
言葉も慎む瞑想日もありました。(意識的にではなく 無意識に瞑想に入っていた)
シンプルで 極限の場所に自分をみたという感覚です。
ポイントデーを頂点に 8000メーター級の山を登ってきた感覚に近いかもしれません。
辛かったといえば そうだし、
味わえない感覚を味わったといえばそうだし、
ただ 山があるから登ってきた。 そして戻ってきたというだけのことかもしれないです。
そして また今は山を下ってきてじわじわと 普通の身体 日常生活に戻りつつあるという感じ・・・。

上りは 右回りをぐりぐりぐりぐり  
頂にたち
同じように歩いてきているのに 今は ヒダリマワリ になっていて
気がつけば 世界は左にまわっているのに 日常生活に”戻った”と・・・・。

異なる表現をしますと
左に巻くことのできなかった ねじ を 今までは仕方なしにずっと 右に巻いてきました。
ゴムがのびてのびて ぐりぐり ぎりぎり ギリギリ・・・・・・
ゴムが切れるか 裂けるかまで 右にまいた瞬間に!! 左に転じる。
変換点のぎちぎちのゴムの感覚が緩むと 左巻きになっていても 緊迫感が もとに”戻った”と・・・。

自分を取り巻く世界は反転している だけどね


暦では ポイントデーが所々のタイミングであり
そこを通過した後には 変化をしていても 戻った と思ってしまうけれど
もっと 多くの時が過ぎると やはりあれが変換ポイントだったんだなと思うことがあります。

その変換ポイントをどのように感じたかはひとそれぞれ・・
そしてまた 日常は動き出しています。

日常生活を いたって普通に過ごしてゆく中に 自分だけが気付く程度の”反転した自分” をみつけたいと思います。

土用があけると 立春。
新しい回転の春はどんな感じなんでしょうね


| 暦 にまつわるはなし | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ELM - -
スポンサーサイト 10:40
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://reshin.jugem.jp/trackback/439
<< NEW | TOP | OLD>>