elm ブログヨガ&ヒーリングサロンELM(只今お休み中) 
UKAのブログ ★グレートスピリットのあるくらし★をテーマにしています

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
ぜんざい から学ぶ食哲学 11:14
一言に”ぜんざい”といえども 全国それぞれ、その土地の味付けがあり、カタチがある。


ぜんざいの由来(Wikipediaより引用)
松江藩の地誌『雲陽誌(うんようし)』佐陀大社の項に「「此祭日俚民白餅を小豆にて煮家ことに食これを神在餅といふ出雲の国にはしまる世間せんさい餅といふはあやまりなり」とあります。その他、いくつかの古文献にも「神在餅」についての記述があるところから当社は「ぜんざい発祥の地」であるといわれています。」と書かれている。出雲地方では、正月の雑煮は、白い丸餅が入った小豆を砂糖で甘く味付けをした汁で煮る、つまり「ぜんざい」を普通の雑煮として食している。


パートナーが言う”ぜんざい”は 金時豆を黒砂糖で甘く炊いた蜜の上に氷餅は白玉 という 沖縄のぜんざい。
はと麦が入っていたりもするそうです。
それをあたたかくして食すタイプを ホットぜんざい と呼ぶそうです。
(ホットぜんざいでも ベースは金時豆)


私の連想するぜんざいは
小豆を炊いたもの。粒が多少残っていて 白い焼き餅(角)が入ったもの。



文化の違うもの同志の和合
互いの意見を取り入れて
新しいものを見出してゆくこと

沖縄のぜんざい
私の好みのぜんざい
の希望をあわせてみたら
こんな感じになりました。


小豆の粒を潰さない程度に残して
餅は 蓬の餅を焼きました(蓬餅があったから・・)
汁のないぜんざいは 亀山 というようですが
これはぜんざいというよりも あんをからめた餅 というかんじ。



お正月の残りの餅で頂くぜんざいは 格別な味。
このぜんざいが 我が家のカタチになってゆくのでしょうか??
それも 好し ですネ

明日から 季節は冬から春へと変わる 土用に入ります。

 
おまけ
赤福茶屋のぜんざいはこんな感じ
粒が多少残っていますが 漉し餡に近いなめらかな汁です。


| たべかた(食) | comments(2) | trackbacks(0) | posted by uka - -
スポンサーサイト 11:14
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








うちの両親もオキナワンなので雑煮分化がありません。なので小さい頃からぜんざいが定番でした。が、餅のこだわりはありません。私はUkaちゃんに頂いたお持ちまだ大事に食べててあと2つで完食しちゃいます!
ところで予定日はいつ?帰国予定だからBabyとママになったUkaちゃんに会えるといいな!!!
posted by Chica | 2012/01/17 1:13 PM |
そうそう・・お正月も雑煮じゃなくて赤飯なんですってね〜。
お餅の定義にも違いがあり、土地にあった食べ方が面白いなぁと思います。

もうあと1ヶ月以内にママになりますよ〜。
今37Wです。
posted by uka→Chicaさんへ | 2012/01/18 10:15 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://reshin.jugem.jp/trackback/405
<< NEW | TOP | OLD>>