ELM の風
都会でも実践できる
★グレートスピリットのあるくらし★
心地よい風をお届けします

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
人と自然のエネルギーが重なった場所 09:37
ヨガをはじめたばかり
食事を変えたばかり
なにかデトックス(断食など)をはじめたばかり
急激に聖なるものに触れ惹かれるようになると 邪が目に付くようになるようで
攻撃的 または ある部分排他的になっている人を見かけます。


美しさ とは
一片の曇りもないものにもあるけれど
品格 というのは
光と影と どちらもあり
そのせめぎあいに放たれる蛍光の輝きのようなものだとおもう。

肩の力をぬいて
自分のなかの光と影、吸う息吐く息のバランスがうまく保たれるとき
火事場の馬鹿力 や 美しい発光 が得られるのだと思う。



妊娠初期に ふつふつと湧く思考は
私にとって思いもしなかった考えで
そんな思いが己にあることに驚きの連続でした。
深い深い悲しみの歴史や
深い深い泉から びっくりするような思考が湧いてきて
それによって自分をしり、自己との絆が深まったように感じます。

自分の中にかくしきっていた(本人すら その存在に気付いていない)感情や野生の部分が表に出てくることで、表に出ていた自分とのせめぎあいで宙に放たれる。

妊娠したからといって 初めから聖母のようなこころで過ごせる人は稀。
むしろ初期はいろんな思考があらわれては消え (消えというより 消し です)消えてはあられれしておりました。
自分の中の憎しみや悲しみを 消す こと
消そうとすること は 必要な行為なのでしょうか?
自然は きっと波がいったりきたりするように バランスを保ってくれる。
それが大自然の習い。
自然の波に身を委ねていると、エゴや欲の現れであった悲しみも 波がさらって穏やかな平原に変わってゆく。それも 大自然の営み。

自然の流れに抗わない生き方へ 少しづつスライドしているのかな・・と思います。
都会でコンクリートの家に住んでいて自然を語るのはお門違いかもしれませんが、無理に自分ではない何かに到達しようと思わなくなり肩の力が旨く抜けてきました。
地球上の 光と影のせめぎあい を楽しみ 自分の中心に手をあわせ呼吸をしていると  なぜだか陰陽のバランスが保ちやすく昇華されやすいようです。


9/23は秋分の日
地球に降り注ぐ陰と陽がちょうど半分の日です。
| そだてかた(出産・育児) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by ELM - -
スポンサーサイト 09:37
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://reshin.jugem.jp/trackback/333
<< NEW | TOP | OLD>>